バックスイングで軸を考えていると一生上手くなれない理由とは?

ゴルフ (15)
ゴルフにおいてバックスイングはボールを打つために必要な動作で、そのショットの成功の可否を握るとても重要な部分であるため、様々な理論や方法論がありますがとくに取り沙汰されているのが軸という概念ではないでしょうか。

バックスイングだけに関わらず、ゴルフのスイングが回転運動と見なされているためか軸という言葉があちこちに出て来ますが、この軸のことを考えてゴルフスイングをしていては上達は無理と言っても過言ではないでしょう。

まず良く言われているのが、バックスイングでは背骨を軸として身体を回すということですが、例えば竹トンボのようなものをイメージして身体を動かそうとすると腰が一緒について行ってスエィが起こったり、左肩の入りが浅くなってスイングアークが小さくなりがちになってしまいます。

ダウンスイングでも上半身と腰が一緒に回ってしまう傾向が強くなってしまうため、せっかく蓄積された捻りのエネルギーが上手く使われなくなってしまいます。

背骨を意識するのはいいのですが、それを回転の軸として捉えるのではなく、腰辺りは微動だにせず、肩甲骨の辺りは90°くらい捻られて雑巾の様に絞り上げられるものとしてイメージしてください。

そうするとダウンスイングで下半身から上半身へと正しい順序で捻りのエネルギーが解放されていく正しいイメージが掴めることでしょう。

回転ではなく捻じるということをイメージしてバックスイングをしてみてください。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大