バックスイングで腰を回すとナイスショットは望めない?

ゴルフ アプローチ
ゴルフのスイングに関して、バックスイングで右膝を動かさないようにして腰を回せと言われたことがある人は多いと思われますが、一見正しい動きのように見えますが結果的にナイスショットは全くなかったという経験はないでしょうか。

バックスイングの開始時、右膝を固定して腰を回そうとするとき、人体の構造上、身体には大きな負担がかかりますがそれから逃れようとして体重が右足裏の外側エッジにかかり、右臀部が後方に引かれた形となってしまいがちです。

この状態からダウンスイングに移ると、右足裏の右エッジから体重を左側に移す動作が入り、身体の軸が左に移動するため、クラブのフェースがボールを捉えるための精度が落ちてしまいますし、何より捻りのパワーを貯め込むことができていないため、弱いボールしか打つことができません。

結論から言うとバックスイングでは腰は能動的に回すのではなく、足と腰はなるべく動かないように固定しておヘソの辺りから上の上半身を捻じるのです。

このとき、体重は右足裏の左側エッジに乗せるようにして、右足内側の筋肉で踏ん張り、右股関節に荷重を感じることが大事です。

外から見ていると結局腰は回っているように見えるかもしれませんが、成行き上上半身の動きについて行っているだけであり、自分の意志で動かす必要はありません。

このバックスイングの動作に慣れていないと、かなり違和感を感じ、身体が十分に回っていない感覚になるかもしれませんが、それが正しい動きなのです

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大