シャンクはプロでもやってしまう場合には

アイアン
ごくまれなことですが、テレビでプロのゴルフ中継を見ていてシャンクが発生することがあります。

ある意味貴重な場面であり、プロでさえシャンクを打つこともあるのだからアマチュアだってシャンクを打ったってしょうがないとか思われる人もいることでしょう。

しかし、プロがシャンクを打つ場面はかなり深いラフや極端な傾斜で足場が悪いなど、かなりタフな状況がほとんどで、ティーショットや普通のライなら滅多にシャンクは出ません。

しかも、アマチュアはシャンクが一発でも出てしまうと、その後のショットもシャンク続発でスコアどころではなくなってしまいますが、プロの場合はその一発だけで後は何事もなかったかのように素晴らしいショットを繰り出しています。

練習量や経験、対処方法などプロは豊富に持っているからということもあるのですが、それ以外にも理由があるのです。

プロの試合ではグリーンが硬くて速いため、フェードボールでスピンをかけてボールを止める必要がありますが、スライス系のボールを打つ場合はアイアンのフェースのネック寄りでボールを捉える必要があるのです。

シャンクが出るのはたまたまそれがネック側に寄り過ぎてヒットしてしまったためであり、アマチュアの様にスイングが悪くてミスしたのとはちょっと次元が違うということです。

仮にアマチュアと同じ理由でシャンクを出してしまったとしても、強靭な精神力で乗り切ってしまうことでしょうし、そうでなければプロとしてやって行けないことでしょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大