バックスイングで脇を締めろと言いますが

ゴルフ アプローチ
ゴルフのスイングで必ず言われるセオリーの一つがバックスイングで脇を締めるということでしょう。

特にゴルフを始めたばかり初心者はアドレスやバックスイング、インパクトと、この点をしょっちゅう指摘されていないでしょうか。

タオルやヘッドカバーを脇に挟んで落とさないようにスイングするレッスンもよく行われていますが、やり方や解釈の仕方によっては間違った方向へ行ってしまいそうな危険があります。

ゴルフにおいて脇を締めるという動作をすると、多くの人が上腕を身体の胴体の側面に着けてしまうのではないでしょうか。

特に左上腕の内側に力を入れて胴体の左体側にピタっとくっつけてしまいがちです。

このような状態でバックスイングするとスイングアークは小さくなり、窮屈な動作もあいまって飛距離をロスするどころかまともにボールを打つことができないでしょう。

脇は付け根のほんの一部分だけがくっついていればいいのであり、腕に力を入れることは逆に悪い結果を招いてしまいます。

バックスイングの開始時においては、脇を締めるというよりは左上腕を左胸の上に置くという感覚を持つ方がスイングの始動もスムーズとなりますし、ダウンスイングで左肩を支点にしやすくなる利点もあります。

右腕に対しても同様で、バックスイングで右肘の折り畳みがスムーズになり、アドレスのとき作られた腕と肩の三角形も崩れにくくなります。

また、両腕の肘の内側を正面に向けるとこの形を作りやすくなり、勝手に脇が締まった良いアドレスとなるでしょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大