バックスイングでプレーンを意識するのが危険な理由とは?

ゴルフ (10)
ゴルフのスイングを語る上で必ず出て来るのがプレーンです。

ゴルフ雑誌やネットの動画などで身体を囲うように円が描かれている図をご覧になったことがあると思いますが、それがプレーンです。

バックスイングでシャフトや腕がそのプレーン上に沿って上がり、ダウンスイングでもなぞるように降りてくればクラブは理想の軌道を描きナイスショットが期待できます。

アドレスしたとき、プレーンを頭の中で思い浮かべてバックスイングを開始する方は多いと思いますが、実はこの意識が時にスイングを崩す原因となることがあります。

プレーンは円弧を描くため、ついつい手元を円の形に動かそうとしてしまいますがこれが間違いの元なのです。
自分の身体を軸にして円形を描くようにバックスイングを行うと、インサイドに引き過ぎて手が背中側に回り込み過ぎてしまうことが多々あります。

また、大きな円を描こうとすると、右サイドに体重がかかりすぎてスエィの状態に陥る可能性もあります。

バックスイングにおいて腕は直線的に動くものであり、その結果としてヘッドやシャフトが円形のプレーンを描くのです。

具体的には手元、つまりグリップを真っ直ぐ後方に引いて行き腰の高さの少し下辺りに来たとき、今度は真上方向に直線的に上げて行きます。

自分ではかなりカクカクとした違和感のある動きに感じられるかもしれませんが、傍から見たらクラブは綺麗にプレーンに乗っていることでしょう。

バックスイングでの意識を変えてみませんか。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大