滑らかバックスイングでゴルフも上達

ゴルフ (10)
ゴルフで意外と難しいのがバックスイングの始動です。

ゴルフにおいてバックスイングはボールを打つ前の助走のようなもの、言わば準備運動のようなものと軽く考えている方は多いことでしょう。

しかし、バックスイングはゴルフの中でも難しいことの一つです。

良くティーショットの際にアドレスした状態から固まっている人を見かけますが、それがその証拠と言えるでしょう。

いいボールを打つ人、ゴルフが上手い人は例外なくバックスイングの始動がスムーズに行われているはずです。

野球やテニスの様にボールが動いて向かって来る場合はあまり考える時間的な余裕はないので否応なしに身体が反応しますが、ゴルフではたっぷりと考える時間があり、かえってそれが体を固めてしまうのでしょう。

ではどうすればスムーズに始動できるのか、それはきっかけを作ってあげることです。

フォワードプレスというグリップした手を飛球線方向に少しだけ動かす方法や、顎を逆方向に動かすチンバックという方法が良く用いられます。

固まりかけた筋肉や脳に、さあこれから動くぞとスイッチを入れてあげるわけです。

肝心なのはそのような動作をバックスイングの開始時に行うことでナイスショットを生み出すことができるという経験を沢山することで、身体と頭に憶え込ませることです。

特に練習量が少ないアマチュアゴルファーは練習場でボールをフルスイングするだけではなく、意識してバックスイングの練習をすることが上達への早道となるでしょう。

自分だけの動作を編み出してみるのも楽しいかもしれません。