地味ですがバンカーショットで大事なコツとは?

ゴルフ (11)
おそらく、バンカーが好きだと言うゴルファーは絶対的に少数派に違いありませんがいずれにしろ避けては通れない道でしょう。

この世からバンカーがなくなってしまえば良いのにと願うゴルファーも決して少なくないはずです。

バンカーショットのコツは、フェースを開くとか勇気を持って思い切り振り抜くなど、様々なことが語られていますしそれらは決して間違いではありません。

しかし、それらを駆使してもバンカーから上手く出せない人は、小手先のコツや精神論だけではない大事な何かが抜けていないでしょうか。

それはズバリ身体の上下方向の動きや伸び上がりなどが起きているからかもしれません。

バンカーショットでは足を砂に深く埋め、重心を低く構えますが、普段あまりしたことのない姿勢のためスイング後半でその反動で上半身、下半身とも伸び上がってしまいがちなのです。

バンカーショットにおいて、前傾姿勢を低く保ってスイングするのはコツのひとつですがあまりにもその意識が強すぎると、逆に身体がうまく回転できずにぎこちない動作になってしまいます。

それを解決するヒントがあります。

座面が高い床に固定してある椅子に、お尻を半分だけ乗せて前傾姿勢で座っているイメージでスイングして下さい。

椅子の軸は回転するようになっており、あなたの動きについて回転しますが軸は横方向には動きません。

その際、インパクト以降も椅子に腰かけ続けているイメージを持つのがコツです。

是非試してみてください。