試す価値ありバックスイングの肩の動かし方

ゴルフ (1)
ゴルフを始めたばかりの頃の初心者には想像もつかないことですが、上達するにつれて一打一打の重みが理解できるようになると思わぬことが起きてしまうことがあります。

プレッシャーのかかった場面、ティーショットやグリーンを狙った大事なショットを打つときにアドレスに入ったけど体が上手く動かせずにバックスイングでどうやって始動したらいいのか迷ってしまったという方も多いのではないでしょうか。

俗にいうショットイップスという状態ですが、メンタルな部分が絡んで来ることもあってこれを克服するのはなかなか大変なことです。

日頃から下半身から始動する練習やクセをつけておけば、比較的対処の方法は楽なのですが特に手から動かすタイプの人だと重症化しがちです。

そんな方にバックスイングで是非試して頂きたい方法があります。

手や腕など、主に上半身からバックスイングの始動を開始する人にいきなり下半身から動かせと言ってもそれは無理なことで、やはり上半身から動かす方が結果がいいでしょう。

ではどうすれば良いのかということですが、それはズバリ左肩です。

具体的にはアドレスの状態から左肩を地面方向に下げるだけです。

緊張した状態では手先や腕は意に反した動きをしやすいのですが、肩はそれほど精神的な支配を受けにくく左肩を下げるという動作は、俗にいう左肩を十分に捻るという動作も兼ねているのです。

ただし、あまりこの方法に頼ることなく出来るだけ下半身から始動するバックスイングを身に着けるべきでしょう。