バックスイングの出来は右腕の使い方ひとつで

ゴルフ レッスン
テニスや野球など道具でボールを扱うスポーツをやっていた人はゴルフも上手いという話を良く聞くことがあります。

確かに運動神経にも優れ、ボールを扱う感覚が何もやっていなかった人と比較すると一枚上手なのかもしれません。

しかし、このような人達でもゴルフに関しては右腕のせいで間違った動作を引き起こす方が多いようです。

ボールを打とうとしてテニスや野球のバットを後ろに引く動作、いわゆるバックスイングをするときに右肘を回し込むように、背中側に引き付け過ぎてしまうことです。

無論、テニスや野球ですとその方がパワーを貯め込みやすく身体を回転させてやれば強いボールを打ちだすことができるのですが、ゴルフではプレーンがフラットになり過ぎる傾向があります。

分かりやすく言うと、横殴りのスイングとなってしまうのです。

これを矯正するためには、バックスイングの開始からトップの位置に納まるまでの間、右肘が常に地面を指しているような感覚を持つことが有効です。

それと同時に、右腕の肘の内側が正面を向いているように右腕を畳み込むことがもうひとつのポイントとなります。

最初は窮屈に感じ、バックスイングが小さくなってしまう感じがするかもしれませんが、意外と身体は十分に回っているものです。

ただし、この方法には注意すべき点もあります。

器用な右腕を意識するあまり、右手だけでクラブを担ぎ上げないよう身体全体でバックスイングするよう気をつけて下さい。