ゴルフスイング、ウッド系はダフリが基本

ゴルフ ドライバー
ゴルフスイングにおいて、ダフリとはミスの代名詞のようなもので初心者や上級者、ましてやプロゴルファーでさえ犯してしまいがちなミスの筆頭株です。

ダフリが許されるというか、ダフって打つのが基本とされるのがバンカーショットですが、実はウッド系のスイングにおいて意外にもダフリの意識をスイングに取り入れると上手く行く場合があります。

バンカーショットとドライバーやフェアウェイウッドのゴルフスイングには共通点があるのですが、それはボールの手前の低い位置からヘッドがボールに近づいて来るということです。

特にドライバーにおいてはティーアップしている分、ヘッドのソールはボールよりも低い位置を通ってくるはずです。

これはサンドウェッジでボールの下の砂をすくい取る動作と似ているのではないでしょうか。

最も長いクラブと短いクラブにゴルフスイングの共通点があるなんて、本当にゴルフは奥が深いです。

最近どうもドライバーの調子が悪いとか、スプーンがトップばかりしてしまうという方は、ボールの手前をダフるくらいの気持ちで打った方が結果が良くなる可能性が高いです。

それでもやはりダフリは怖いものですが、そんなときにはクラブヘッドの広いソールが上手く滑って助けてくれることでしょう。

最近ではソールが広いものやバウンスが大きいアイアンが発売されていますので、ウッド系だけではなくアイアンにも応用できるかもしれません。

いずれにしろダフリの恐怖から逃れられればゴルフスイングはもっと良くなることでしょう。