バンカーショットの誤解について

初心者、上級者に関わらずバンカーを苦手にしている人は多いと思われます。

プロの試合のテレビ中継などで、ラフよりもバンカーの方がピンに寄りやすいとか距離感が合わせやすいなどという解説者の話を聞くことがありますが、素人にとってはバンカーよりもラフの方がずっといいという人も多いことでしょう。

バンカーショットがいつまで経っても苦手という方は、そのセオリーを疑ってみるべきかもしれません。

良く言われているのが、フェースを開くことでバンスを使って砂を爆発させるというバンカーショットの基本ですが、最近の道具についてはこれに当てはまらないものも多いと思われます。

プロや上級者が使うサンドウエッジはシャフトよりもフェースのエッジが出ているものが多く好まれているようですが、このタイプですと確かにフェースを開かないとバンスを利用することは難しくなります。

対して、一般の初中級アマチュアゴルファーのクラブはグースがついているものが多く、スクエアに構えても十分にバンスが効くものが増えています。

バンカー専用サンドウエッジと謳っている商品もあるくらいです。

このようなクラブでフェースを開いてしまうと、バンスが多くなり過ぎたりネックの部分に砂の抵抗がかかりすぎてフェースがとんでもない方向を向いたりと弊害の方が大きくなります。

また、グリップも初心者用の場合バックラインが入っている場合が多いので、スクエアに構えて普通にスイングする方が結果が良いと思われます。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大