ゴルフにおける女子ゴルファーの飛距離の課題

ゴルフ 初心者
ゴルフの女性人口が増えてきたこともあって、ラウンドしていても年代問わず、本当に
多くの女子はラウンドしている姿をみかけます。

そして、その女子ゴルファーみなさんが悩んでいる、または飛躍したいと考えているのが飛距離の課題ではないでしょうか。

もちろん、飛距離に関しては男性のゴルファーに関しても同じことが言えます。

しかし、女性のほうが特にご高齢になった方については飛距離に対して困っているという場合が多く見られるのは現実かと思います。

では、女性のゴルファーの皆さんの飛距離についてはどのように考えたらいいのでしょうか。

まず、マネジメントの面から考えて見ましょう。

もちろん、ドライバーで200ヤード以上、7番アイアンで130ヤードという少し飛ばない男性レベルまで飛距離が出れば一番よいのでしょうが、アマチュアの女性にとってその飛距離はかなりハードルが高いことになっています。

通常、女子のロングホールは450ヤード、ミドルホールでも長くて330ヤード程度が一般的でしょう。

そうなるとドライバーで200ヤードを飛ばす必要は無いわけです。150ヤードも飛べば、何とかスコアメイクが可能といえます。

この飛距離であれば、年齢関係なく練習しだいで、そしてゴルフクラブしだいでクリアできる飛距離といえるわけです。

もちろん、2打目以降をきっちり寄せることが出来る能力が伴うことが大前提です。

ということでドライバーの飛距離は150ヤードから180ヤードとなれば、ユーティリティやウッド系のクラブで130ヤードから150ヤード飛距離があれば、十分なマネジメントができるわけです。

あとは、いかにショートアイアンで100ヤード前後をきちんとうてるようになれるかどうかにかかってきます。

女性の場合はロングアイアンを頻繁に使うことなく、まずはウッド系のクラブでまかないますのでアイアンは7番アイアンより下の番手だけで何とかなるはずです。

ですからそれをきちんとマネジメントできる能力をいかに身に着けるかそれが一番です。

番手による飛距離もきちんと自覚できていればラウンド中に安心してクラブ選択もでくることでしょう。

そのためにもまずは、ティーショットのドライバーで何とか150ヤードから180ヤードの
飛距離を稼ぐことができるようにしましょう。

それが出来るようになれば、おのずとそれ以外のクラブの飛距離もわかるようになり、マネジメントもしっかりできるようになります。

これこそが飛距離で勝負しない女子のゴルフの醍醐味でもあります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大