女性ゴルファーのドライバー上達法

ゴルフ 初心者
女性のゴルファーにとってもやはりティーショットでどれだけの飛距離を出せるか、そして思ったところにまっすぐに打てるかどうかはスコアメイクにおいても非常に大きな課題です。

また、女性であってもドライバーの飛距離に関しては年齢に関係なく非常にこだわりをもっているところになってくると思います。

だからこそ、初心者から上級者まで男性と同じようにいろいろなクラブを試してみたり、練習場でいろいろな方々の話を聞いたりしているわけです。

出来るだけシンプルに女性のドライバーの飛距離を伸ばしたり、まっすぐ打てる方法についてご紹介したいと思います。

まず、なんといっても重要なのは女性特有の遠心力を使って、大きな子を描くようなスイングをマスターすることです。

筋肉アップといっても、なかなかそう簡単にはいきません。

となれば、まずはシンプルにスイングをきれいにできるようにするのが女性のドライバー技術向上の一番の近道です。

アマチュアの女性であれば、よく飛ぶ方でも200ヤード、最低150ヤードの飛距離も出れば、どんなコースに出てもスコアメイクに支障はないと思います。

あとは飛距離よりもどれだけ素直にまっすぐ飛ばすことが出来るか、プレッシャーのかかる風景にも負けない精度のショットが出来るかといったほうが大きな課題になります。

少し横道にそれましたがまずはスイングです。

あまりいろいろなことを考えず、まずは大きな子を描く練習をすれば、よいと思います。

そして、グリップです。

女性の場合、どうしても大きなスイングをしようとするとヘッドスピードが遅いのでヘッドが遅れて出てくることが予想されます。

それを防ぐためにグリップはウィークグリップは避けるべきだと思います。

これだけでもかなりのスライスは防ぐことが出来るのではないでしょうか。

他のクラブのスイングにも当てはまるのでぜひ、お試しください。

次にドライバーのヘッドです。

もちろん、大きいヘッドのほうがよいのですが460CCとなるとどうしても振り遅れる恐れもあります。

ダントツの飛距離を求めるわけではないので多少ヘッドを小さくしてもしっかり振りぬけるほうがよいはずです。

女性のドライバーもいろいろ発売されていますので、実際に試しうちしたうえで購入してみるといいでしょう。

重さやシャフトの長さ、材質でかなり打った感触はかわってきます。

しっくりくるものがきっと出てくるはずですのである程度のレベルになったら選びましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大