ゴルフ初心者がラウンドで気を付けること

ゴルフ 初心者
ゴルフというスポーツは昔ほど敷居が高いこともなく、性別、年齢、職業を問わず、本当に多くの方々が楽しむようになってるのが今の実態です。

そして、ゴルフというスポーツが紳士のスポーツということもあり、マナーやルールに厳しいことも最初にゴルフを行うプレイヤーとしては心得ておかなければなりません。

そんなゴルフ初心者がラウンド時に気を付けるべきことについていくつかポイントを挙げておきたいと思います。

逆に今から上げるようなポイントはゴルフ初心者だけではなく、ゴルフをラウンドして楽しむ方々がみな気を付けるべき点であることもお知りおきください。

まずは、ラウンド時の時間です。

マナーとしてプレイの最低30分前には到着するように心がけましょう。

可能であれば、1時間前に到着しておくことが安心でしょう。

そして、ドレスコードです。

これもゴルフ場によってはむかしほどあれこれ言われなくなりましたが、ゴルフ初心者だからこそきちんとしておきましょう。

ジャケット着用にGパン禁止というシンプルなものですが意外にこれができていません。

そして、ラウンド時にも帽子着用をはじめとしたドレスコードはしっかり守るようにしましょう。

こう言った初心者のラウンドにあたってのドレスコード以外の部分についてももちろんたくさんの注意事項があります。

まずは何といっても、いかに初心者といえどもどうやって同伴者や後続のパーティに迷惑をかけずにラウンドすることができるかどうかです。

もちろん、最初のうちは右に行ったり、左に行ったりと非常にうまくいかないことは当たりまえのことです。

いかし、そこできびきび動かない、またはなかなか見つからないボールをいつまでも探している、さらには複数本のクラブをもってうごいていないといったことがあれば、どうしても不信感を与えることになってしまいます。

まずは同伴者や後続の組に迷惑をかけるにしても、そのプレイ態度でしっかり自分自身でフォローできるようにしましょう。

そして、グリーン上のふるまいもみなが見ているところなので重要です。

ボールマークはグリーンフォークでしっかり治す、またはラインは踏んではならない、そしてホールアウト後はだらだらせずに次の組が進行できるようすみやかに移動するといったところです。

ここまで記載したことは非常にオーソドックスでゴルフを始めて間もないプレイヤーでも聞いたことがあることばかりです。

しかしながら、これを実践できていないことが大きな課題です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大