ドライバーが上達する練習のポイント

ゴルフ ドライバー
ゴルフにとって、一番の爽快感、そして満足感を得ることができるのがドライバーショットです。

しかし、逆にゴルフのドリアバーはOBやまがってしまうことでスコアメイクにも大きな影響を与えることにもなります。

この二律背反の性格を持つゴルフのドライバー、いかに練習すればそのナイスショットの確度が上がり、さらに飛距離が出るのでしょうか。

そのドライバーの練習方法についてのいくつかの方法をおつたえしたいと思います。

まずは基本的なスイングです。

ドライバーはシャフトが長いだけに少しでもスイングが変わるとボールの行方も非常に大きく変わってくるということは当たり前で誰しもが理解していることです。

ですからまずは何といっても自分自身のスイングをしっかり身に着けていつでも同じスイングの軌道を保つことが出来るという大前提が必要になります。

もちろん、そのスイングも正しいものでなければなりません。

ではその正しいスイングとはどういったものになるのでしょうか。

基本的には男性でもイメージは遠心力を使って、素直に大きく円を描くようにスイングする女子プロのドライバーのスイングをイメージしてください。

よくレスン番組の練習方法でもありますが円を描くように大きくドライバーを振る練習を素振りを通じて行うことでスイング軌道が正しくなってきます。

さらに最初はスイングスピードを意識するのではなく、いかにインパクトの瞬間飛球方向と平行にドライバーのヘッドが当たっているかを意識しながらの素振りや打球練習が有効です。

ここである程度、インパクトまでのスイング軌道が身に着ければ、次はフォロースルーです。

このフォロースルーもとにかく素直なスイングを心がけてください。

せっかくインパクト時に飛球が平行にあたってもフォロースルーでひねったり、プッシュアウトするようなスイングになると惰性でボールは曲がってしまいます。

ゴルフクラブ、ドライバーは素直にあたれば、その方向にしっかり飛んでいく構造になっているのですから、自分自身のスイングがドライバーを邪魔しないという意識をもってスイングの練習をしていけば、良いと思います。

こうしたドライバーの基本的なスイングが身についたのであれば、そこからはスイングスピードを上げたり、風やコース形態に合わせて打球を変えていくような試みを行ってもよいのではないでしょうか。

しかし、実際にこうしたレベルに達するのは90をアベレージで切れるくらいの上級者であることも心得ておきましょう。