ゴルフのドライバーでスライスの直し方について

ゴルフ ドライバー
ゴルフを始めたとき、とくにドライバーを打ち始めるとほとんどの方が一度は悩まされるのがドライバーのスライスだといえるかもしれません。

これは中級者、上級者になっても同じことです。

以下に自分自身のスイングがでくいるようになっても、少しのバランスの崩れでドライバーがスライスすることはあります。

そこでこうしたドライバーのスライスにいかに対応するかについていくつかのポイントを
ご紹介したいと思います。

まず、慢性的なドライバーのスライスで悩まされている方です。

これはまず、グリップから見直したほうがいいかもしれません。

ウィークグリップになっている可能性が高いのでまずはスイングをかえずになれない間は大変かも知れませんがグリップを修正してみてはいかがでしょうか。

正直、これだけでドライバーのスライスがしっかり直るというかたもいます。

また、ドライバーだけではなくアイアンも同じように改善される可能性はあります。

次にスイングの問題点です。

スライスするというのは物理的に考えて、ゴルフクラブがスイング時に遅れてヘッドが出てくるためにフェイスが開いてスライスするというのが一般的な考え方です。

ですから、気持ちとしてはインパクト時には腕とドライバーのヘッドが一直線、かつ、フェイスが飛球方向にしっかり向いていることをイメージしてスイングが出来るように練習してみましょう。

いかにきれいなスイングでも、いかにスイングスピードがはやくても、インパクト時にフェースが開いていてはドライバーは間違いなくスライスをしてしまうものです。

次にシャフトの硬さです。

特にスイングが早い方にとっては、シャフトがやわらかいとスイングした際にシャフトがしなるのでどうしてもインパクトの瞬間にヘッドが遅れます。

それを防ぐためにはシャフトを硬いものにしたほうがよいと思います。

同じようにヘッドも一般的には10.5度かもしれませんが、スイングスピードによっては10.0度や9.5度に変えてみてもいよいかもしれません。

これだけで同じスイングをしていてもスライス癖が直る可能性はあります。

こうして、いくつかのポイントでドライバーのスライスを防ぐ方法をご紹介してきました。

しかし、これはあくまでも一般論であって全てのゴルファーに当てはまるわけではありません。

いかに自分自身にあった対策を見つけるのか、引き出しはもちろんたくさん持っておいたほうがいいのでそのひとつにしておいてください。