ゴルフのスイングで正しい体重移動のコツ

ゴルフ スイング
ゴルフのスイングにおいては上半身と下半身のバランス、そして体重移動が何よりもポ
イントになることはいうまでもありません。

これは野球のバットスイング、テニスのラケットなどと同じような原理です。

手を通じて伝わる力をより効率的にするために体重移動がスムーズであることがもとめられることになるわけです。

要するにいかにゴルフクラブに有効に力を伝えて、より遠く、より狙ったところに打っていけるかを体重移動をもって行うということになるわけです。

そして、どんなスポーツでも「手打ち」というものは上達しない、またはよくない事例として挙げられるものです。

ゴルフにおいても全く同じ原理で説明できます。

この体重移動ですがドライバーやアイアンはしっかり体重移動が必要です。

腰から下の体重移動のタイミングが上半身とばらばらではクラブに正しく力が伝わりません。

まずは腰から下で体重移動とともに上半身を動かしてくるというイメージを持ちましょう。

逆に50ヤード以内のアプローチですがひざをうまく使う必要があることはあってもあまり必要以上に体重移動を行うとコントロールが利かなくなりがちです。

ですからアプローチに関してはひざの動きをまずは優先して考えていきましょう。

では、話は戻って、ドライバーの体重移動のお話です。

先ほども下半身の移動を優先して考えた上で、上半身を動かしていこうというイメージをお伝えしました。

正直、このバランスは非常に難しいです。

プロのスイングをごらん頂いてもわかるとおり、目安としてはインパクトの瞬間は体重は左足、右足等分くらいのイメージで想定してください。

素振りもこのイメージで練習していけば実際のスイングの際には役に立つと
思います。

イメージの次は素振り、そして実際に打球という流れになるかと思います。

もちろん、動画を使ってのチェックも非常に重要だと思います。

上半身と下半身の動きのバランスに注目しましょう。