ゴルフのグリップの左手の役割とは?

ゴルフ (12)
ゴルフのグリップは身体とゴルフクラブをつなぐ唯一のポイントであり、ここにいかに力を有効に伝えることができるかどうかは大きな課題でもあります。

その人の体格や体力、スイングの形、力の入れ具合などによって人それぞれ異なってきますが、グリップの握り方については基本的な役割があることを覚えておいたほうが良いと思います。

では、右利きの方にとっての左手の基本的な握り方、グリップ方法についてご紹介していきたいと思います。

簡単にいってしまうと、小指、薬指、中指に比較的ほかの指よりも力を入れて握ります。

左手の人差し指と小指のふくらみでクラブシャフトを支え、中指、薬指、小指の付け根部分のラインにグリップが当たる感じで指の付け根を意識してゴルフクラブを握るイメージです。

そして、親指はシャフトの真上よりは少し右側に置きましょう。

以上のことを踏まえて、さらに意識しないといけないポイントがあります。

人差し指と小指の下のふくらみでクラブシャフトを支えるということです。

掌で握るという意識はもたないようにしましょう。

力の入れ具合を最小にできて、それでいてぶれないゴルフグリップの握り方になるからです。

力の入れ具合は右手のグリップ、握り方とも共通しますが完全にグリップの形ができた段階でクラブクラブヘッドを空のほうに向けた際に、地面にすり抜けそうなくらいゆるく握ります。

思い切り、力を入れて握った感じを10とすれば、7割程度といったところでしょうか。

結局、力を入れているのは、左手の小指、薬指、中指だけという感じで握るわけです。

一般的なグリップであるオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップの3つを考えてみた時も左手に関しては上記で気にするポイントは人差し指だけになるといえます。

オーバーラッピンググリップであれば、右手の小指に軽くかぶせるだけ、インターロッキンググリップなら完全に絡ませる、そして、ベースボールグリップの場合は右手の小指と左手の人差し指は平行の位置関係になるわけです。

いずれにしても、右利きの方であってもとにかくゴルフのグリップに握り方としてはグリップを主に支えているところとして左手があり、手のひらと指であるという意識をしっかり持ちましょう。

右手は添えるだけという感覚を持って、左手でスイングをリードするイメージを持ってスイングすることがポイントになります。