ゴルフのグリップの強さについて

ゴルフ グリップ
ゴルフにおいて、身体とゴルフクラブをつないでいる部分はグリップになります。

もちろん、スイングにおいていかに効率的に身体の力を伝えていくかという観点においてもっともポイントになるのがゴルフの場合、グリップになるということはいうまでもありません。
ゴルフのグリップについては既製品のグリップだけではなく、グリップだけでも変えられる商品が多種多様なメーカーから発売されていて、非常に選択肢は広がっているというのが今の状況です。

そして、そのグリップの購入のポイントは滑りにくくないか、手にしっくりくるフィーリングか、太さはどうかといったポイントになってきます。好みの部分もありますので場合によっては色によっても変わっていくことがあります。ここまではグリップ選びに当たっての前提のお話です。

では、実際にスイングするに当たって、ゴルフのグリップの強さをどのようにすべきかについてお話したいと思います。

一般的にグリップの握り方についてはベースボールグリップ、インターロッキング、オーバーラッピングの3つがあります。

さらに握る方向においてもストロンググリップとウィークグリップの2つがあります。

この握り方と方向によっておのおののグリップはかわってくるわけです。

そして、ゴルフのグリップの強さにおいても非常にセンシティブなものです。

一般的には右利きの場合、左手のグリップのほうが重要で利き手については添えるだけというお話があると思います。

実際のところ、ドライバーやロングアイアンについてはこのポイントは当たっており、どんなグリップを使うにあたっても利き手に力が入りすぎる、グリップを通じて力が入りすぎるとひっかけのボールが多くなったり、ゴルフクラブに力が伝わりにくくなるものです。

よく、野球でも歴代のホームランバッターは握力が弱いといわれていますがそれこそ無理にグリップを強く握らず、いかに全身の力をバットに伝えるかを意識しているからだという評論が一般的です。

これはもちろん、ゴルフにも当てはまります。

あくまでも全身運動の力をゴルフクラブに伝えていくことを大前提にしています。

だからこそ、あえて、力が強いほうの利き手に関してはあまり強く握ることなく、添えるくらいのイメージでいたほうがいいわけです。

逆にアプローチとなると遠心力よりもグリップを通じて微妙な感覚を伝える必要があるためしっかり握って、逆に手首を動かさないことをイメージしながらスイングすることが重要になってきます。

いずれにしてもグリップは身体とゴルフクラブをつなぐ重要なポイントになります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大