ゴルフのグリップの握り方を写真でチェックすべき理由

ゴルフ (12)
ゴルフにおいて、グリップは何よりも先に覚えるべき項目になります。

これは野球でも卓球でも、テニスでもラケットやバット、ゴルフクラブなど道具を握るスポーツにおいてはすべてにおいての基本となる部分です。

特に野球やゴルフは右手だけではなく、左手も使って両方でバランスをとりながらということなのでそれなりに覚える項目も多ければ、普段使わない左手も重要になってきます。

特にゴルフクラブにおいてはなんといっても、利き手の右手よりも左手のほうがグリップの握り方としては重要になってきます。

なぜなら、利き手である右手よりも主にクラブに満った訳する面積が多いほうが左手であり、それをフォローしながらコントロールするのが右手という役割分担になっているからです。

利き手である右手があまりにも強すぎるとボールは必然的にひっかりがちになり、フックボールがおおくなってしまうわけです。

では、どうすれば自分自身のグリップが正しいのかチェックできるのでしょうか。

もちろん、ゴルフのノウハウ本やレッスン番組でも初心者向けにゴルフのグリップについてはいろいろレクチャーがあります。

いかしながら、実際に自分のグリップが正しいのかどうかはラウンド中や練習中にわかるものではありません。

だからこそ、一度自分のグリップを写真で収めてください。

もちろん、自分自身で自分のグリップを写真でとらえることは難しいので誰かにお願いすることは必要でしょうか。

その際におさめるべき写真はいくつかあります。

まずは左手だけの写真です。

左手のグリップを握った写真をおさめてください。

次に右手を添えてグリップした写真です。

これは自分が上から見た場合の写真と、あわせて、クラブをアドレスした際の前から撮影した写真の2枚があればよいかと思います。

おして、これらの写真を実際に持って帰ってみて、レッスン番組やノウハウ本の基本のグリップと比べてみるわけです。

もちろん、グリップは多少の癖はあるかも知れません。

しかし、根本的に右手の人差し指が中指とくっついた状態でクラブフェースのコントロールができない状態になっているとか、スライスボールなのに明らかにクラブが開きやすい
ウィークグリップになってしまっているなど気づく点はあるはずです。

自分自身のグリップの握り方を客観的にチェックするためにも写真におさめてチェックすることは非常によい手段だと思います。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大