ゴルフのグリップの握り方で右手のポイント

ゴルフ (12)
ゴルフのグリップは身体とゴルフクラブを結ぶ唯一の接点であり、ゴルフクラブと身体によって生み出された力をボールに伝える支点の役割を果たします。

もちろん、グリップは右手と左手の両方で握ってこそ、成立するわけですがその際に聞き手となる右手の役割、そして注意する点についていくつかご紹介していきたいと思います。

まず、一番最初に心得ておくべきことですが利き手である右手はあまり強くグリップを握ると必然的に左手よりも力は強いのでスイングは右手が支配することになり、引っ張ってしまいがちです。

要するにフックボールであったり、ひっかけのボールが多くなったりします。

ですから、ゴルフのグリップはまず、基本的には左手が基本として最初に握ることになります。

右手の役割に関しては左手で固定されたグリップを補完するという位置づけになるでしょうか。

よくテレビ番組などで出てくるレッスンがあります。

それは右利きの方が左手一本でスイングしてる姿です。

これは大げさな話ではなく、実際に練習場でも左手一本でしっかり、スイングしてボールを打っている姿も見受けられるほどです。

この原理はほかのスポーツでも当てはまります。

野球のトスバッティングで基本となる左手のグリップ、そして左手主導のスイングを実践するために左手一本で練習してるところを見たことはありませんか。

要するにバットでボールを打つこと、ゴルフクラブでボールを打つことに関しては同じ原理であり、注意すべき右手のポイントも同じだということができます。

ですからまずは左手のグリップ位置をしっかり決めて、そのあとに右手をどう使うか考えていくことが重要になります。

よって、右手を使いすぎないために、利き手ではない左手の筋肉を鍛えて、右手に頼らないスイングを目指すという練習をプロでも実際に行っています。

もちろん、左手が強すぎると逆にスライサーになる可能性もありまsのでしっかり気を付けることにしましょう。

そして、これからゴルフを始める可能性がある方で左利きの方。

ぜひとも右でスイングを練習してください。

その理由は明白で前述のとおり、右打ちであれば、左手のグリップや力がスイングの基本tなり、左利きのほうが非常に理にかなったスイングをできるようになる可能性が高くなるからです。

あとは右利きの方、鏡で自分のスイングをチェックしながら、右手がスムーズなスイングの邪魔をしていないかしっかり見ておきましょう。