ゴルフのグリップはプロを参考にしたほうがいい理由とは?

ゴルフ (12)
プロがレッスンでいつもゴルフのレッスンに関して話することがあります。

グリップはゴルファーとゴルフクラブをつなぐ唯一の接点です。

初心者ほどグリップに関してはおろそかで上級者になればなるほどきちんとグリップは
握ることができています。

また、プロがグリップをみれば、どの程度のスキルなのかがおおよそわかるといわれているほどゴルフのグリップは重要なものです。

これは私自身が基本的なプロのレッスンで教えてもらったグリップのポイントです。

実際にこれを読みながらアドレスをとってみましょう。

どんな教科書でも同じことが書いてあります。

右利きの場合、まず左手を肩、腕、手首の利き腕を下ろします。

そのまま手のひらに沿ってクラブを握る。

そしてクラブをアドレスの位置に持ってきます。

これで左手は完成です。

力を抜いて腕を振り下ろした時の手の角度によってグリップした左手首の角度は「人それぞれ違うのが特徴です」

という言葉があり、どのようなレッスンプロの話にも類似したポイントが出てきます。

次に右手の注意ポイントです。

これも実際に読みながら構えてみましょう。

まず指の付け根を添える。

中指と薬指でグリップを握る。

そして、右手の生命線を左手の親指にかぶせる。

正しいグリップであれば、手のひらよりも指で握っている感覚が強くなります。

初心者に多いのが手のひらに力を入れて握っていて、いわゆるパームグリップ状態です。

また、右手の親指はどこに置けばいいのかという質問に関しては、ごく自然に握ることができるのであれば、多少右であろうと左であろうと問題はありません。

ようするに中指と薬指の付け根で握る形ができていれば、ある程度好みで握っても構わないということになります。

こうして、ゴルフのグリップの基本はプロのレッスンが非常に参考になり、常にこうした言葉を見直したながらグリップを基本に立ち返ることがポイントになってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大