ゴルフのグリップの握り方でフックが出やすい場合の解決策

ゴルフ (12)
ゴルフを始めて、どちらかといえば、フッカー(ひっかけて右にボールが出ること)よりもスライサー(ボールが左に出ること)のほうが一般的には多いといわれています。

もちろん、まっすぐに飛ぶことに越したことはありません。

まずはフックボールが出がちな方の原因とその直し方をグリップの握り方という観点から考えてみたいと思います。

その前にフックボールが出る方に多いのはグリップだけではなく、プッシュアウト、つまり振ることよりあてることに重点を置くあまり、ヘッドがかぶってしまったり、ためのないスイングにより右にボールが出るということも忘れてはなりません。

そして、もう一つ、当たり前ですがフェースが閉じたままでボールをインパクトすると右にボールが出る、いわゆるフックボールになるわけです。

これについてはグリップをなおすことである程度改善が出来ることになります。

ゴルフの場合、フックが出るのは本来、利き手である右手はあまり強く使ってはならないにもかかわらず、力が入ったがために引っ張りがちになるわけです。

グリップでまず、注意すべきこと、それは聞き手である右手には必要以上に力を入れない、基本的にはそえることでクラブを支えるという感覚を持つということです。

とにかく、左手が基本です。

グリップの基本的な握り方でもまず、基本となる部分、わかりやすくいえば、最初に握るのは右手からではなく、左手からということが一番の証明です。

この左手の角度がすべてを決めるといっても過言ではないでしょう。

そして、この左手を決めた後、右手です。

ありがちなのは、初心者の時にスライスがでるがためにウィークグリップからストロンググリップにしてしまい、その癖が抜けないままのグリップにしてしまい、スイングもそのグリップに合わせる形になって、フックが多くなるパターンです。

まずはこのスイングを治すことではなく、グリップをストロンググリップからスクエアグリップになおしてみましょう。

そして、利き手である右手は添えるというイメージをもつように切り替えるのです。

実際のところ、これだけでフックボールが治る可能性もあります。

注意するのはスイングは変えてはならないというところです。

まずはグリップをなおして、同じスイングのままで練習してください。

グリップとスイングをどちらもかえようとしてもうまくいかないので段階を踏んでまずは
グリップからです。