ゴルフはグリップの握り方でスライスは改善できる?

ゴルフ (12)
ゴルフを始めるにあたって、最初に教えてもらうのはグリップです。

この基本のところではだれしもがスクウェアグリップというグリップの握り方を教えてくれるのですが少しずつ練習するにあたって、これがかわっていき、ほとんどのの方がスライスが出やすいとされるウィークグリップに握り方がかわってしまうことがあります。

では、このグリップの握り方でウィークグリップになってしまった場合に、どうすればスライスから改善を図ることが出来るのでしょうか。

そもそも、ウィークグリップというのは「弱い」という意味もあり、かつ飛距離が出にくいグリップであることも確かです。

右利きの方は自分のグリップの左手を見てください。上から眺めて人差し指のこぶしと中指のこぶしの2つともが見えていない場合はウィークグリップであり、スライスのボールが出やすい可能性があります。

この握り方のグリップでは必然的にフェースが開きやすく、スライスが出やすくなります。

また、このグリップのままスライスを治そうとしてスイングを修正しようとして逆にひっかけが出やすくなってしまいます。

スライスボールが出やすい場合は左手のグリップで人差し指のこぶしと中指のこぶしの山が2つしっかり見えるくらいまで握りなおしましょう。

それでもまだ、スライスが出る場合にはさらに左手を右に回転させます。

右手のグリップの握り方のチェックポイントですが、右手の人差し指と親指の間でできる隙間を上に眺めてみて、自分自身のあごを指している場合は、それはウィークグリップといえるでしょう。

この場合も、左手をどの程度回転させるかによりますが、右耳から右肩の間を指すようにしてみましょう。

右手の人差し指と親指の隙間が右を差すほどに、インパクトでフェースが閉じやすく、スライスが改善されると思われます。

上記のお話は一般的なお話であって、逆にウィークグリップの握り方であってもストレートのボールが打てているのであれば、無理に変える必要はないと思います。

しかし、ウィークグリップでは間違いなく、飛距離は損しているはずなので、改善しようという意思があれば、グリップをフックグリップに変更してかつ、スイング変更もチャレンジしてみたほうがいいかもしれません。

逆にグリップの握り方を変えることなく、スイングでスライスを変更しようとする、または飛距離をのばそうとするよりもまずは、グリップの握り方という基本から見直していったほうがスライス改善に向けての近道だといえるかもしれません。