ゴルフのグリップはストロンググリップで握ることのメリットは?

ゴルフ グリップ
ゴルフのグリップにはいくつかの種類がありますがなぜグリップの握り方でストロンググリップが主流になっているかおわかりでしょうか。

別名、フックグリップともいわれています。

ほとんどのゴルフのレッスンプロの指導、そしてノウハウ本でも推奨されているのはストロンググリップになります。

ストロンググリップ、スクエアグリップ、ウィークグリップと3つある中でなぜ、ストロンググリップが推奨されるのでしょうか。

これにもしっかりとした理由がありますのでご紹介したいと思います。

ゴルフクラブの進化とともに握り方は時代とともにかわってきました。

以前のクラブはドライバーでもヘッドが小さく瞬発力もなかったので、打つときにクラブのフェースを「開く」「閉じる」を意識して動かして打つテクニックが必要でした。

しかし、今はクラブの進化でクラブの重心や、ヘッドの大きさ、材質も変わりました。

極端にに言えば、「振り上げて振り下ろす」という動作がポイントになったわけです。

簡単に言うとスイング中にクラブヘッドが動きにくい構造になったというのが結論です。

だから、自分でクラブのフェースを開いたり、閉じたりするコントロールが必要なくなったわけです。

とにかくクラブをふりあげて、そのままふりあげた軌道と同じ軌道でふりおろすだけでしっかりボールにあたるようになっています。

いいかえるのであれば、手首を回転させたりしないで基本的には固定しておくイメージで打てるようになり、余計なことをしなくてよくなったわけです。

ストロンググリップは手首をキープしやすいという特徴を持っています。

さらにスイングの力を伝えやすいので飛距離アップにつながるグリップの握り方になります。

ここまでがストロンググリップが現在主流になっているポイントなのですが、逆に注意すべき点もあります。

それは少しだけフックに握るということです。

正面から見たときに左手のこぶしが2,3個見える程度に握るというところがポイントになります。

しかし、これも打っている間に知らぬ間にフックの度合いが強くなってしまい、フック系のボールになってしまうのでたびたび確認することも忘れないようにしましょう。

ちなみに右に飛ぶのでフックグリップを強くして、まっすぐ飛ぶように調整するという考え方はスイングにかえって変な癖がついてしまうので絶対にやってはいけないパターンです。

また、ストロンググリップという握り方は力が入りやすいのでグリップのプレッシャーにも注意するようにしましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大