ゴルフのグリッププレッシャーについて

ゴルフ (12)
ゴルフにおいて、身体とゴルフクラブの接点は手のひらです。

そして、グリップのプレッシャーによってその力のかけ具合は変わってきます。

様々なスポーツにおいて、あとえば、野球のバット、テニスのラケット、卓球のラケット、バドミントンのラケットにおいてもこのグリップの強さ、プレッシャーをどのようにかければよいのかは非常に難しいところです。

特にゴルフにおいては長尺のドライバーから微妙なコントロールが求められるアプローチやパターまで様々です。

ではそれぞれにおいてゴルフのグリップのプレッシャーは変えるべきなのでしょうか、それとも一定のほうがよいのでしょうか。

簡単に説明していきたいと思います。

まず、結論から言うと基本はすべてのゴルフクラブにおいてグリップのプレッシャーは同じでよいと思います。

同じというのはクラブの種類だけではなく、スイングをする中でも終始一貫して同じプレッシャーを保つという意味になります。

しかし、なんとしても寄せたいアプローチ、緊張の度合いが高まるようなときにこそ強めに握ります。

もちろん、それにも訳はあります。

腕が余計な動きをしないように筋肉を固めるためです。

逆に上記のようなアプローチ以外では強めに握るようなことはまずあり得ないといっても間違いないのではないでしょうか。

極端に言えば、ゴルフクラブのグリップをゆるりと握ってプレッシャーをかけず、放り投げるようにを心がけます。

もちろん、ゴルフにおいてのグリップのプレッシャーは「番手が短くなるほどに強くなる」がセオリーです。

番手が短いほど、筋肉を固める必要があるからです。

緊張して固くなった筋肉はリラックスした筋肉よりも動きが遅くなります。

だからこそ、番手が短くフルスイングを行う必要がないクラブは強く握ることが発生するわけです。

不安があるようなら、両腕の緊張感をゼロにしながら、指でしっかりグリップを握るという方法もあります。

ポイントは指ですあって、手のひらではありません。

実はヘッドスピードも上がるといわれていますがこれはある程度練習が必要です。

結論、とにかくクラブを問わず、で来る限り、同じグリップのプレッシャーを保って
スイングすることをしっかり考えましょう。

これが初心者から上級者まで同じように当てはまるポイントになるグリップの注意点になります。