ゴルフはグリップが基本でスライスもなおるかもしれない理由とは?

ゴルフ グリップ
ゴルフを始めるにあたって、ほとんどの方がスライスで悩まされることになっているのではないでしょうか。

要するに一般的にゴルフは8割の方がスライサーという言葉にあたるわけです。

そのスライスを治すためにはどうすべきなのかを考えたときに、一番重要なのはグリップになります。

グリップの種類にはスクウェアグリップ、フックグリップ、そして、ウィークグリップという呼び方があります。

その中でも非常にスライスが出やすいウィークグリップについてご説明の上、改善ポイントをご紹介したいと思います。

ウィークグリップとは「弱い」という意味で飛距離も出ず、スライスが出やすいグリップです。

しかし、このウィークグリップがスライスではなく、ストレートのボールを打つことができる人もいるのであくまで人それぞれだということを覚えておいてください。

一つの目安として一般的なウィークグリップとは、左手がポイントです。

ボールを前にして構えた際に左手を見てください。

左手のこぶしが見えているレベルが大きな問題になります。

こぶしが1つしか見えないような場合は、ウィークグリップということになります。

ウィークグリップはクラブのフェースが開きやすくなり、必然的にスイングの軌道が同じではスライスがでやすくなるわけです。

逆にスライスを治そうとしてひっかけることにもつながります。

ウィークグリップだという自覚が実際の素振りや実際にボールを打った際に自覚した場合はどうすればよいのでしょうか。

左手のこぶしが1つしか見えていないような場合は2つか3つ見えるレベルまでグリップを変えてみましょう。

次に右手のチェックポイントです。

右手の人差し指と親指の間でできるVの字があごを刺している場合は、これもウィークグリップです。

この場合も左手をどの程度反転させるかによりますが、右耳から右肩当たりの間を刺すようにすればよいと思います。

右手の人差し指と親指のV字が右を向くほどに、インパクトの際にフェースが閉じやすく
スライスの改善につながると思います。

スイングの改善をいろいろ行って、スライスの修正を行う方も多いわけですがもちろん、それは間違っていません。

しかし、まずはグリップをチェックしたうえでその次にスイングのチェックを行ったほうが良いと思います。

まずは基本であるグリップをしっかりマスターしてから次のステップにうつることにしましょう。

スライス改善も、飛距離アップもはかるための努力としては惜しめないポイントになってきます。