アプローチの打ち方のコツ

ゴルフ アプローチ
だれしもが難しいなと感じるショット、それがゴルフのアプローチになります。

どんなうち方をすればイメージ通りに打球が飛ぶのか、なかなか頭の中でさえもまとまっていないことが多いのではないでしょうか。

だからこそ、ダフリ、ざっくり、トップにシャンクとトラブルに見舞われることが多いのではないかと思います。

もちろん、逆にこのアプローチの打ち方がしっかり身についていればゴルフではかなりの武器になります。

アマチュアゴルファーの最初の関門である100きりもまったく問題なくクリアできることは間違いありません。

ではゴルフのアプローチの打ち方で大事なことはどういったポイントになるのでしょうか。

大きく2つに分けてアプローチの打ち方についてご説明したいと思います。

まずは、ピッチアンドランです。

これはダフリやトップの比率は低いのですがどうしても距離感が出ない、打ち方がわからないという話になりがちです。

打ち方で注意すべき点はいくつかあります。

まず、スタンスです。

少し肩幅よりも狭く、そして飛球方向に並行に立つようにしましょう。

どうしてもオープンスタンスで構えがちですがその必要はありません。

通常のスイングと同様の構え方で問題なしです。

次の課題は何といっても100ヤード圏内から50ヤード、30ヤードといったまさしくあげてとめたいというアプローチになります。

もちろん、フルショットの場合は通常のアイアンと同じような感覚で問題ありません。

ハーフショットやグリップを短くもって調整するうち方で距離を調整するわけですが
ここでしてはならないことをいくつかポイントとしてあげてみます。

まずは、とにかくヘッドアップをしないことです。

どうしても高く上げようとすると頭が上がりがちですがそれを避けましょう。

そのコツとして、頭をしっかり残すことを心がければよいと思います。

次に首を使わないことです。

どうしても微妙な感覚を出そうとする場合に、手首を使いがちになります。

どうしても手打ちになるとアプローチはトップしたり、ざっくりしたりという悪い状況になってしまいます。

だからこそ、アプローチの打ち方としては前述の通りとにかく「ふり幅を変える」「グリップを短く持つ」といった基本を守りながら、スイングそのものは大きく変えないことを
めざしましょう。

もちろん、あとは個人個人の距離感や感覚が大事になってきます。

これは練習や実際のラウンドで経験をつみながらマスターするほかありません。