アプローチの距離感の出し方について

ゴルフ アプローチ
ゴルフでスコアアップを目指そうと思ったら、まず指摘されること、アド倍擦れされるのは100ヤード圏内をいかに上達するかということになると思います。

しかし、このことは誰しもがわかっているとはいえ、なかなか簡単に出来ることではありません。

特に100きりを目指すレベルとなるとまずは、ダフらない、トップしないというところからスタートになります。

しかし、さらに上を目指すとなれば、次はアプローチの距離感の問題になってきます。

もちろん、ラウンド中はアプローチに関してもさまざまな状況が想定されます。

距離感に関しても100ヤード、80ヤード、70ヤード、または20ヤード圏内といろいろなレベルがあるのでつど、自分で判断してしっかり攻めていくことが要求されます。

ではそのアプローチの距離感はどのように出していけばよいのでしょうか。

少し、レベルが高いかもしれませんが100きり、もしくはさらに上を目指す方々のためにはなくてはならないテクニックになると思います。

もちろん、一番わかりやすいのはゴルフバッグに数本入っているウェッジのフルショットから換算することになります。

このフルショットを基準にしてアプローチの距離感をイメージするようにしましょう。

たとえば、アプローチウェッジのフルショットで100ヤードの場合、80ヤードを打つためには同じスイングで若干、グリップを短めに持つ、60ヤードを打つためにはバックスイング、フォロースルーを小さくする、要するに9時から3時のショットにするというものです。

これをそれぞれのクラブごとに自分なりのルール、基準を決めるだけでアプローチの距離感は出るようになります。

すべてをラウンドの中で決めることは難しいので、もちろん練習場でしっかりその感覚を
つかむようにしましょう。

そして難しいのがなんといってもフルショットではないうち方です。

短くもって、同じフォームでフルショットすることはそれほど難易度が高いわけではありませんが、ハーフショットの場合はそれなりに練習場でもきちんとこなしておかねばまず、本番では使えません。

これを数本のウェッジを使って、体得していくわけですが体だけではなく、ノートなどを常に持っておき、どのクラブでどういったスイングをした際はどれだけの飛距離なのかを
メモしておくこともあとあとの記憶をたどる際によいかもしれません。

もちろん、スイングレベルによっては少しずつこの距離もかわってくることになりますので常にアップデイトが必要です。