ゴルフのアプローチにおける基本について

ゴルフ アプローチ
ゴルフにおいて、100きりを目指すためには避けて通れないのはアプローチの上達です。

大きく分けると100ヤード圏内をアプローチウェッジであげて止めるというテクニックと
20ヤード圏内を転がして寄せる、つまりピッチアンドランの2つになります。

この2つのアプローチのテクニックの基本についてご紹介していきたいと思います。

まずは100ヤード圏内、30ヤード程度までの範囲を上げて止めるというテクニックです。

ミスが少ないのは58度であれ、サンドウェッジであれ、フルショットで済む距離です。

これであれば、アマチュアでありがちなざっくりやトップも少ないのではないかと思います。

これがダフリがち、トップが出やすいということであれば、通常のアイアンスイングに問題があるといえます。

では問題は50ヤード前後の距離です。

どんなアプローチウエッジでもこれは基本距離ではなく、何らかの手法をこらしてマスターしていかねばなりません。

例としては短く持って、フルスイングする。

次にスイング幅を小さくして距離を調整する。

いずれにしても、間違いではなく基本的なテクニックです。

そこで注意するべきはスイングそのものは変えないということです。

とにかく、スイングそのものは変えず、自分自身でどういったスイングの場合はどの程度の距離が出るということを感覚でつかんでいくしかありません。

アプローチの基本としてここでミスしてはいけないのがヘッドアップや手打ちです。
これをしている限りは基本的にどうしてもざっくりやトップが減らないと思います。

次にピッチアンドランです。

このアプローチの基本はとにかくイメージです。

どれだけ飛ばしてどれだけ転がすのか、これをしっかりつかんだうえでショットしなければ、上達しません。

また、ピッチアンドランに関しては利用するクラブに関してはひとそれぞれです。

基本としてアプローチウェッジをオーソドックスに使う場合もあれば、エッジが立った
7番アイアン、5番アイアンを使うような場合もあります。

プレイヤーにってはとにかくダフリやトップを防ぐためにウッド形状のクラブをつかうといったこともあります。

いずれも間違いではありません。

さらにスタンスですがオープンスタンスで構えがちですが、これはそれほど意識せず、まずは飛球方向に平行に構えるスタンスで全く問題ないと思います。

こうして、アプローチの基本には「上げて止める」「ピッチアンドラン」の2種類があり、それぞれに注意事項があります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大