ゴルフのアプローチのレッスンについて

ゴルフ アプローチ
ゴルフにおいて、アプローチは上達に欠かせないスキルになります。

特に100きりをめざすゴルファーにとっては、このアプローチをある程度こなせるようにならないと目標達成は厳しいと言わざるを得ません。

そこでゴルフ練習場でも通常のアイアンやドライバー以外でもアプローチのレッスンがあったりします。

ではアプローチのレッスンはどういった内容になるのでしょうか。

実際にレッスン映像やゴルフ番組の内容などからピックアップしてご紹介したいと思います。

まず最初にアプローチのレッスンにあたって、100ヤード圏内の寄せの重要性を説くところからスタートすることがほとんどです。

もちろん、2パット圏内に常にアプローチで寄せるレッスンというストーリーが多くなっていることはいうまでもありません。

とにかくスコアメイクにアプローチのレベルアップは欠かせないものなのです。

ではどういったレッスン内容になっているのでしょうか。

まずはピッチアンドランです。

20ヤード圏内または、グリーンエッジという場面でアプローチウェッジを使ったレッスンです。

これについては最も重要なのはイメージです。どれだうって、どれだけ転がすのか、これをしっかりイメージすることで上達するというレッスンです。

ですからクラブ選択もアプローチでどれだけ打つかというところから逆算してクラブ選択を行うということになります。

7番アイアンを使う場合もあれば、通常のアプローチウッジを使うことも出てくるでしょう。

場合によっては、一番ダフリやトップの心配がないウッド系の形状のクラブを使いましょうというレッスンもあります。

次のアプローチのレッスンとしてはもちろん、100ヤード圏内で80ヤード、50ヤードという距離をあげてとめるというステップです。

このアプローチのレッスンについてはシンプルに言えば、「クラブを使って、その角度で打球を上げてとめる」というものです。

とくに50ヤード圏内のハーフショット、ふり幅を狭める際には手首を使わず。頭を残すという基本はどんなレッスン番組でも出てくる項目です。

実際に当たり前のようでできていないのでざっくりやトップが多くなってしまうわけです。

こうして、アプローチのレッスンも基本的なことを列挙していることも多く、シングルプレイヤーなどにとっては物足りない内容のものも初級者向けでは出てくる可能性もあります。

しかし、だれしもが初心に立ち返って確認するためには必要な事項です。