アプローチのトップを防ぐには?

ゴルフ アプローチ
ゴルフにおけるアプローチは上達に向けて大きな関門であるといえます。

練習場で本番と同じような環境で練習できるドライバー、感覚を磨くパターなどと違って、アプローチに関してはどうしてもラウンドの中でいろいろなシチュエーションの中で経験を積むことでしか上達できません。

さらにアプローチで怖いのがトップです。

グリーンから100ヤード圏内でアプローチクラブを握り、トップしてしまったがゆえにOBになってしまった経験、だれしもがあるのではないでしょうか。

特にグリーン周りのアプローチとなると状況によっては非常に大きなプレッシャーの中でのショットになる可能性があります。

だからこそ、アプローチで思わぬトップあ出ることになるわけです。

では、こうしたトップを防ぐためにはどういったことを気にしながらラウンドしたらよいのでしょうか。

いくつかご紹介したいと思います。

まず、アプローチのトップが起こる原因ですが、それはクリーンにヒットしないこと、当たり前ですがそれにつきます。

もちろん、練習場ではアプローチのクラブでのトップなど想定もしないことですがなぜか
発生するのですが、そこにはいろいろな要因があります。

左足上がり、前足上がり、深いラフなど本当にいろいろな状況があるわけです。

もちろん、その都度、状況に応じたショットが求められるわけです。

トップが発生するのは何といっても、ヘッドアップやクラブを立てすぎるというところが課題だと思います。

クラブを立てるとどうしても、スイートスポットにあたらない確率が増えてきます。

そして、それがトップにつながるわけです。

トップを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

まずはグリーン周りで微妙な感覚を求められるだけになるべく何も考えず、フルショットできるクラブを使いましょう。

例えば、残り80ヤードを残してサンドウェッジを使う。

または、残り30ヤードなら常にピッチアンドランを使ってアプローチウェッジなど。

もちろん、状況に応じて様々なショットができるに越したことはありませんが、100きりを目指すレベルにはなかなかそれは難しいレベルだといえます。

短く持ったり、ふり幅を変えたりすることで距離は変えられますがこれをマスターするにはなかなかのレベルになってからのことです。

まずはアプローチのトップを防ぐためには、まず、逆計算で距離を計算。

自分が自信をもってフルショットできるクラブを使えるようにすることです。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大