アプローチでスピンをかけるコツについて

ゴルフ アプローチ
ゴルフをプレイするにあたって、グリーン周りでいかにうまくなるかでスコアは大きく異なってきます。

もちろん、パターを中心としたグリーン上は当たり前ですが80ヤード以内でアプローチを使って高く上げる球をうつ、そしてスピンをかけてとめるというテクニックがあれば、大きくレベルアップできたといえるでしょう。

もちろん、初心者や100きりを目指すレベルでアプローチでスピンをかけるというようなテクニックをマスターすることは非常に難しいかもしれません。

しかし、高い球をうって、転がさない、そしてバンカーでもグリーン上にのってから転がらない球を打つということはそれなりに気を付ければなんとかなるものだと思います。

では、どういったことに注意すれば、高く上がって、しかもとまるアプローチができるのでしょうか。

もちろん、グリーン面によってはスピンがかかることもあります。

上級者であれば、ミドルアイアンでもスピンをかける打ち方はできますが、まずは52度や58度といったアプローチウェッジを想定して考えてみましょう。

距離としても100ヤード以内というのが想定となります。

まずはウェッジの溝です。

この溝にボールが乗ることで逆回転がかかり、高く上がった後、着地の後、前に事がるのではなく、止まる、場合によってはスピンがかかることもイメージされるわけです。

だからこそ、アプローチウェッジに関してはフェイスの溝の部分は常にきれいにしておきましょう。

ここに小さな石などがたくさんつまっているとしっかり打っていても、とまるどころか
前に転がってしまうことまであります。

では、具体的にアプローチウェッジで高い球を打って、止める、そしてあわよくばスピンをかける方法です。

物理的にアプローチウェッジのフェイスを見てもらえばわかるんですが、まずはなんといってもしっかり開いてください。

開いた部分の溝の部分にしっかりボールが乗ることで高く上がるだけではなく、着地した後、とまることになります。

このことからわかるように上級者がミドルアイアンなどでスピンをかけることの難しさもわかると思います。

あくまで高く上げることで止まりやすくなるのにもかかわらず、フェイスを開かずにしっかり打つことで、かつ止めることが出来るのですから。

まずはアプローチウェッジの利用にあたって、フェイスをしっかり開いてスイングしてボールの下をくぐらせるテクニックを身に着けることからしっかりスタートしましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大