ゴルフのアプローチでシャンクを生む原因と解決策について

ゴルフ アプローチ
ゴルフをプレイするにあたって、いろいろな壁があります。

一般的には100きりというのが最初の大きな壁になると思われます。

そこでいくつかの課題が出てくるわけですが、一番多いのがアプローチに関しての課題になってくるのではないでしょうか。

100ヤード以内の距離をいかにピンに寄せるか、これによってスコアも大きく変わってくることになります。

そして、うまくいかない際の典型的なパターンとして発生するのがシャンクです。

通常、ゴルフ練習場ではうまく打てているはずのアプローチがなぜラウンドではアプローチの際にシャンクになってしまうのでしょうか。

その原因と解決策についてご紹介したいと思います。

まず、アプローチの際のシャンクの原因です。

どうしても繊細な距離や感覚が求められるだけに、手首や小手先を利用しようとすることが実はおおきなアプローチでシャンクを発生させる要因になっています。

基本的には、アプローチは手首を使うものではなく、ハンドファーストでクラブのふり幅で距離を調整すべきものです。

ということはわかっていても、どうしても手首を使ったり、手打ちになってしまうこともあります。

その解決策については自信があるアプローチクラブをつくることです。

もちろん、普段はゴルフ練習場でしか使えませんが。

さらには微妙な距離が残った場合は極力フルショットに近い感覚で打てるクラブを選択することを心がけましょう。

余計な力加減を必要としないことのほうが重要だからです。

これでシャンクをする確率は減ると思われます。

また、どうしてもシャンクが怖い場合は、あげるアプローチを選択するのではなく、
ピッチアンドランを選択することも重要です。

もちろん、ライが良くて距離も短いという大前提があってのことです。

こちらを選択すれば、仮にトップになったとしても、シャンクをしてしまうよりは傷は
小さくてすみます。

もちろん、ステップアップを考えるのであれば、いずれはアプローチのシャンクをこわがることなく、しっかり打てるようになることも重要だといえます。

しかしながら、微妙な感覚を求められるような距離でなければ、まずはピッチエンドランでアプローチを行うことでよいのではないでしょうか。

ゴルフの上達への道は人それぞれです。

いろいろな過程がありますが、自分自身でその選択肢を選んでいき、ステップアップをはかるようにしましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大