ゴルフのアプローチのコツについて

ゴルフ アプローチ
ゴルフ練習場でいくらでも練習をすることができても、なかなか上達が難しいのがアプローチになるのではないでしょうか。

ゴルフ練習場では打ち放題で平坦なライでしかも、アプローチのクラブがぬけやすい人工芝という状況の上で練習することになります。

もちろん、まずは自分自身の距離をはかるために繰り返しゴルフ練習場で練習することは非常に意義はありますが、前述のような状況での練習ではアプローチのコツというようなものまではつかむことが難しいと考えられます。

では、実践的な状況の中でゴルフのアプローチのコツをつかむ方法についてご紹介したいと思います。

まず、アプローチのコツをつかむ前に自分自身の距離をしっかりつかむことです。

これはゴルフ練習場でフルショットを行うということでも構いません。

100ヤード、70ヤードという距離ならばフルショットでも感覚はつかめると思います。

これをベースにアプローチのコツというお話にはいりましょう。

大きく分けると上げて寄せるパターンと転がして寄せるパターンの2つがあります。

状況に応じてゴルフではアプローチも使い分けるものですが、100きりを目指すレベルではまず得意なほうからマスターしていきましょう。

まず、上げるボールのコツです。これはなかなか思い切りが必要です。

コツとしてはクラブの角度に任せて打つこと、これにつきます。

距離についてはふり幅次第ということになりますが、アドレスの時点でしっかりインパクトをイメージしましょう。

そして、手打ちになることだけを気を付けてください。どうしてもアプローチという繊細なショットとなると小手先が気になってしまうものです。

コツとしてはわかりやすくいと手首を使わないこと、これに尽きるかと思います。

手首は固定してアプローチと手を一体化させて、打つことを心がけましょう。

次にピッチアンドランのコツです。こちらはアプローチのクラブを利用しなくとも

7番アイアンなどでも打ちやすければそれでもいいでしょう。

アプローチのコツは何といってもイメージです。

どこまで打って、どこまで転がすのかをしっかり事前にイメージしておかねばなりません。

この事前のイメージがしっかりできていない中で漠然と打つと上達もしないどころかしっかり距離も打つことができません。

こうしてシンプルなところですが、アプローチのコツをしっかりつかんでラウンドに臨んでください。

これが上達への道となることはいうまでもありません。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大