ゴルフのアプローチで50ヤードのマスターするためには

ゴルフ アプローチ
ゴルフの練習となるとどうしても気分良くふることができるドライバーばかりを練習しがちですが、特に100切りを目指すようなゴルファーにとってはアプローチで50ヤードといった距離をいかにマスターするかといったほうが重要な課題になります。

では、アプローチで50ヤードを打つという課題をどうすればクリアできるようになるのでしょうか。

まずはなぜ、50ヤードというアプローチの距離が重要になるのでしょうか。

それは、なんといってもこのアプローチの50ヤードがある程度打てるようになれば、応用で60ヤード、40ヤード、30ヤードといった距離までもしっかりクリアできる可能性が高くなるからです。

最終的には同じクラブでアプローチを行う際にふり幅を変えるだけというシンプルな境地に達することになります。

ここまで理解いただいた上で次にアプローチの50ヤードをいかにマスターするかというところに移りたいと思います。

まず、50ヤードという距離をこなすにあたっては自分自身の所有しているクラブによっても異なります。

ここではピッチアンドラン(転がす)のではなく、しっかりあげてアプローチで50ヤードをいかに打つかをメインにして考えたいと思います。

こうした場合、使えるクラブはサンドウェッジ、または58度のウェッジあたりということになるでしょうか。

これは自分自身のゴルフバッグを鑑みて、適したクラブを選択してください。

そして、打ち方です。

基本的にはゴルフクラブそのものに仕事をさせるという意味では、アイアンと考え方は同じです。
アプローチをしようとするときにどうしても、手で加減をして調整しがちですがこれがもっといけないパターンです。

ざっくり、トップのもとになってしまいます。あくまで距離の調整はふり幅で決めてください。

練習場でバックスイングをしてみて、どの程度上げたときに50ヤードの距離になったのかをしっかり体で覚えこますことが重要になります。

その際のウェッジの角度などは距離に関係なく一定にしておきましょう。

あくまで距離をかえるのはふり幅ということが大前提です。

また、どうしても上にあげる打球を打つ際には、ヘッドアップしがちですがこれはトップ、さっくりの原因です。

しっかり、顔を残してアプローチをする習慣を身につけましょう。

ここまで来れば、あとはゴルフ練習場でアプローチの練習を繰り返し行って、体に覚えこます段階に入ってきます。