ゴルフのアイアンの練習方法について

アイアン
ゴルフの練習方法にはいろいろな事例が紹介されています。

初心者から上級者まで様々な練習法がありますが今回は初心者、それもアイアンの練習法についてピックアップしてご紹介したいと思います。

だれしもが最初に練習するクラブはドライバーでもなければ、フェアウェイウッドでもありません。

アイアンから練習を始めることがゴルフの基本といえるでしょう。

では、アイアンを初心者がある程度うてるようになるためにはどんな練習方法が良いのでしょうか。

まず、自宅でもできる練習方法です。

最近は練習器具でもいろいろなものが発売されています。

私が推奨したいのは、先端に重みがあり、短尺でスイングできる練習器具になります。

これの何が良いかといえば、大きく2つあります。

アイアンというのはダウンブローでかつ、クラブの力でボールを運ぶことを基本にしています。

だからこそ、先端に重みのあるクラブでダウンブローの感覚をしっかりつかむことがでいるわけです。

もちろん、円運動を描くことが最終目標になるのですがまずはダウンブローの感覚をしっかりつかむためにこちらを利用してください。

そして、2つ目です。

アドレス、バックスイングとしっかりこの流れを先端に重みがあるクラブを使って感じてください。
なかなか、通常のアイアンを握っても、しっかり止めることができない中、この重みがある練習用具で体感できるようになれば、非常に有効だと思います。

次にゴルフ練習場でのアイアンの練習です。

自宅でアドレスからバックスイング、ダウンブローによるインパクトまでの感覚を一家りつかんだうえで、アイアンを実際に打ってみましょう。

自宅とゴルフ練習場の反復練習といっても過言ではありません。

まずは基本的な感覚を自分自身の体に覚えさせることが何よりも重要になってきます。

そしてゴルフ練習場でもアイアンをフルスイングしたいところかもしれませんが、まずは自宅で覚えたアドレス、バックスイング、インパクトの感覚をしっかり実践してみてください。

練習器具で体について感覚がここで生きてくると思います。

これは6番アイアン、7番アイアン、8番アイアンあたりでまずは練習してみてください。

ロングアイアン、ウェッジについても基本の考え方は同じなのですが、距離や状況によって異なってくることもありますので、まずは基本を重視してミドルアイアンから練習することが肝要です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大