ゴルフのアイアンのトップの原因について

アイアン
ゴルフの初心者にとって、アイアンのトップという現象は誰でも経験があるものです。

初心者だけではなく、中級者であってもトップという症状に苦しむ場合はあるでしょう。

しかし、逆に本当に上級者となれば、バンカーであえて、トップで打ってみることも試すこともあります。

これはあくまでも上級者の話であって、アイアンでトップすることは基本的に好ましいものではありません。

ではなぜ、アイアンでトップが発生するのか、逆にこのトップを防ぐにはどういったことに注意すればいいのかをポイントだけ紹介していきたいと思います。

トップにもいくつかあります。

アイアンでもショートアイアンでフルスイングしないアプローチでもトップする方がいます。

これは明らかに手打ちであることが多いと思います。

アイアンというのは基本的にはダウンブローでスタンスした際、アドレスした角度にクラブを振り下ろすものですが、手首やほかの部位でコントロールしようとしてトップしてしまうわけです。

基本的にはアプローチも同じスイングをする際に振り幅だけを変える。

ここをしっかり心にとめてスイングすればトップすることも格段に減ると思います。

そして、ミドルアイアン、ロングアイアンのトップの症状についてです。

基本的にはショートアイアンやウェッジと同じことを考えておかねばなりません。それが基本となるからです。

アイアンでトップする原因、それは何といっても「力み」「オーバースイング」「ヘッドアップ」これに尽きると思います。

それに前述のポイントをしっかりチェックしておけば、それなりに問題なく打てるはずです。

逆にアイアンでトップ気味に打つことで飛距離を出すということも可能です。

テレビでプロゴルファー、特に海外の選手のアイアンを見てみてください。

とにかくアイアンを立てて打っています。

もちろん、完全なトップでは飛距離が出るどころかトラブルにつながります。

ですがある程度クラブを立てて、スイングすることで飛距離は必然的に伸びることになります。

もちろん、高い球を打って、しっかり止めたいようなときはこうした打ち方がそぐわないことは火を見るよりも明らかです。

トップに関してはゴルフ練習場だけでは、なかなか修正をかけることが難しいものです。

しっかり、経験を積みながら、いろいろなライで試しながら自分の打ち方を定めていくことでトップを減らすことが出来るはずです。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大