ゴルフアイアンの基本はダウンブロー

ゴルフ (4)
みなさん、ゴルフを始める際に、とにかく力任せにスイングスピードさえあれば、前に飛んでいくと考えがちです。

特にアイアンを使う際にも力任せに振り回せば、スイングスピードさえあれば問題なく飛距離も出ると考えがちです。

しかし、ゴルフにおいてはアイアンを代表するようにクラブに任せてスイングすればしっかり打球が飛ぶということが正しい論理になります。

ではいくつかのポイントで紹介していきたいと思います。

アイアンにはそれぞれのクラブによって角度が異なります。

最近は減りましたが3番アイアンからウェッジまで様々です。

もちろん、角度が立っているほうが飛距離が出る構造になっています。

ではなぜ飛距離が出るのか考えたことはありますか。

そうです。

とにかくインパクトの瞬間の角度がすべてなのです。

いくら力があっても、いくらスイングスピードがはやくともウェッジで3番アイアンの距離を出すことはできません。

要するにインパクトの時にどういった角度でアイアンがボールにあたっているかこれをポイントにすべきなのです。

ここからがスイングのお話になります。前述のことから考えてみるとアドレスの時点でインパクトを想定した構え方、そしてヘッドのライ角などを決めておきます。

そしてここからがポイントになるわけです。

アイアンはとにかくバックスイングしてからダウンブロー、要するにアドレス時の構えにバックスイングからダウンブローで振り下ろす感覚をしっかり身につけましょう。

最初はフルスイングする必要はありません。ゆっくりでも構わないので自分自身のアドレス時のクラブイメージをもって、スイングすることを心がけてください。

こうしてダウンブローのイメージができたのであれば、少しずつ力を入れてスイングしていくことで飛距離も少しずつ伸びていくというわけです。

スイングスピード、そしてボールをとらえるにあたってのダウンブロー。アイアンの飛距離や打球方向はこの2つの相乗効果が伴ってこそ出来上がってくるものです。

アイアンについては初心者の方を中心に悩んでいる方も多いと思います。

しかし、まずはダウンブローをイメージして素振りをすることから始めてみてもよいと思います。

一番重要なのはインパクトの際のクラブヘッドです。

何よりもここからスタートしてアイアンの精度を高めていくことをしっかり考えていけば、十分に計画的だといえると思います。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大