ゴルフアイアンのシャンクを防ぐために

ゴルフ (9)
ゴルフのアイアンを利用するにあたって、だれしもが一度は経験する失敗があります。

それがシャンクです。

自分自身ではイメージ通りに真っすぐボールが飛んでいるはずが右利きは右側に左利きでは左側に、それもとんでもない打球が飛んでいくという現象です。

もちろん、サンドウェッジを代表とするウェッジではこうしたアイアンのシャンクは少なくなるものの、7番アイアン、6番アイアン、さらには5番アイアンを番手が上がるにつれて、こうした症状が発生しやすくなります。

ではこうしたアイアンのシャンクが発生する原因、そしてそのシャンクを防ぐためにどのようにしてアイアンを利用すべきかをご紹介したいと思います。

アイアンでシャンクが発生する原因とその対策です。

まず、シャンクでありがちなこと。それはヘッドアップです。これはシャンクに限らず、ほかの症状にも言えることですが、自分のイメージばかりが先行してしっかりボールを見ていないがためにボールをしっかりとらえられずシャンクが発生してしまうというものです。

要するにヘッドアップせず、しっかりボールを見ること、これだけでもシャンクの発生率は間違いなく減ります。

次に構えた時のライ角です。

自然にアドレスを構えたときにアイアンの顔がどこを向いているかしっかり確認しましょう。

この時点ですでにシャンクの可能性があるようなスタスではいけません。しっかり、アドレス時にチェックしてくことが重要になると思います。

次に前述とも関係してきますが。アイアンというのはアドレスで構えたとおりにそのまま振り下ろして来れば、自然にまっすぐ打球が飛んでいくクラブの構造になっています。

それがいかにアドレスの時点で正しくても、バックスイングをしてインパクトまでに力が入ってアイアンが振り下ろされてくると思わぬ方向に打ち出すことが発生します。

いわば、シャンクの可能性が非常に高くなるというわけです。

以上のようにまずはヘッドアップを避ける、アドレスの時点でしっかりアイアンのヘッドの角度を気にする、さらにアドレスが正しければ、力まずまっずぐアイアンを振り下ろす。この一連の動作ができていれば、シャンクは間違いなく防ぐことができます。

まずはゴルフクラブの構造を信じて、しっかり前述のことを守ってみてください。

きっと、アイアン任せできれいな打球が増えてくることは間違いありません。

シャンクも減ってくるはずです。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大