ゴルフ初心者のためのコツと正しい練習方法

golfclub
ゴルフの初心者にとって、最初はどうやったら上達が出来るのか、まずはそのコツがわからないので困ることになるでしょう。

そして、その初心者は上達のコツがわからないまま、ゴルフ本来の楽しさがわからないのでフェイドアウトということも発生してしまうわけです。

まずは、まわりのゴルフ経験者が初心者に対してゴルフの上達のコツを教えてあげることが重要なのではないでしょうか。

最初に練習場で行うこと、ここからいきましょう。

最初から初心者がすべてのクラブを使いこなすことは非常にハードルが高く難しいことです。

まずは自分自身がそれなりに自信を持って握ることが出来るクラブを見つけましょう。

一般的にはそれが7番アイアンであり、8番アイアンということが多くなっています。

ラウンドでも最初はさすがにドライバーを握りますが2打目、3打目となると無理にフェアウェイウッドやロングアイアンを握って空振りやダブり、OBを打つリスクを犯すよりもまずは自信を持っているクラブでしっかりグリーンに近づけるほうが得策です。

そして、こうしたクラブが6番アイアン、さらにはピッチングウェッジと広がっていけば、プレイの幅も広がっていくことになります。

次に練習場で行うべきこと。

それはパターです。

初心者ではどうしても距離感がつかめません。

もちろん、コースによってグリーンのはやさは異なりますがまずはふり幅によってどの程度転がるのか自分自身の距離感をつかんでください。

これだけでも実際にコースに出たときにプレッシャーのかかり方も違ってくると思います。

そして、あとは実践での経験によって、上達は少しずつですが見られることになります。

そして、コースでまずは心がけること。それはとにかく熱くならない、無理をしないというこの2つです。

ではどうすればよいのでしょうか。

初心者となるととにかく回りに迷惑をかけないようにと走り回って気が動転してしまうのですが決してあせらないことです。

とにかく、自分の打てる、または自信のあるクラブでしっかりグリーンに近づける、それだけをしっかり考えてプレイすればいいでしょう。

ここだけおさえておけば、多少トラブルショットを打っても、熱くならないですむはずです。

こうして、まずは普通にラウンドできるようになったら、次にドライバーやアプローチといたステップに移って練習をしていくことになるわけです。

とにかく初心者の上達のコツはステップバイステップです。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大