アプローチの上達方法について

ゴルフクラブ アプローチの練習方法
ゴルフで100きりというのは一般的なサラリーマンゴルファーの目標になっています。

しかし、この100を切れない方に多いのがアプローチがしっかり出来ないところです。

ほとんどのゴルフ場では残り100ヤード以内をいかにうまくコントロールできるかが勝負です。

ダブったり、トップしたり、きれいに打てても距離が合わなかったりすることが続くとスコアに影響が出てきます。

しかし、アプローチはゴルフ練習場の打ち放題でうまく打てるようになってもなかなか本番ではうまくいかないこともあります。

それはなぜでしょうか。

そうです。

ゴルフ場でのアプローチは本当にいろいろなシチュエーションでの実践を問われるからです。

何一つ、まったく同じシーンはありません。

ではどのようにしてアプローチの上達を目指せばいいのでしょうか。

まずは自分なりに100ヤード、70ヤード、50ヤード、30ヤード、15ヤード、このくらいの距離を決めてゴルフ練習場でしっかりこの距離が打てるようになりましょう。

実際にはふり幅やグリップを短く持って距離をセーブしていくことは難しいのでまずはフルショットで打てる距離をベースに上記の距離を打てるようになりましょう。

中途半端な距離はフルショットで打てるようになったクラブを短く持つ、またはふり幅を調整するという応用になります。

しかし、これはあくまでフルショットが打てるようになってからというのが前提であることを覚えて置いてください。

これならば、練習場で打ち放題を使って、しっかり数をこなせばそれなりに打てる余蘊美なる可能性があります。

そして、ここで参考にしたいのがゴルフテレビ番組のプロのスイングです。ほとんどのプロがアプローチに関しては同じような指導を行います。

ドライバーなどはそれぞれの理論がありますがアプローチに関してはほぼ王道があると考えてもかまいません。

ここまでで平地での距離感を使えるようになったらあとは実践で体で覚えましょう。

一番いいのは実践で前足上がり、左足上がりなどいろいろなシチュエーションでどんな結果になったのかをメモしておくことです。

いくらゴルフ番組でレクチャーを見ていても自分自身が成功、失敗を積み重ねて学んでいかなければ身につきません。

これが上達法の王道だといえます。

上達法とは失敗して体で覚えることです。

こうしてパターン化できてくればそれなりのアプローチのレベルもそれなりにあがってきていると思います。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大