ゴルフのスイングでドライバーが上達する方法

ゴルフクラブ ドライバーの練習方法
ゴルフを楽しむにあたって、もっともわかりやすいところ、それはドライバーでしょう。

特に男性になると年齢を問わず、ドライバーの飛距離ほど魅力を感じ、テーマを持って練習を行うものはありません。

プロであってもそうです。

ゴルフ番組でシニアプロがアマチュアの飛距離に負けるようになると非常に悔しがるところを目にします。

では、どうすればドライバーはよりよく飛び、さらには曲がらないようになるのでしょうか。

まずは初心者が心がけるべきポイントをドライバーの上達方法としてご紹介したいと思います。

まず、上達方法に行く前にクラブ選びからです。

ドライバーを選ぶ際に重要なのは初心者であってもシミュレーターで自分のスイングをチェックしてもらい、その軌道やスイングスピードからシャフトの長さ、硬さ、種類、そしてヘッドの角度などをしっかり知るところからが重要です。

もちろん、まったくの初心者がこうしたシミュレーターを使っても仕方ないのであくまでもある程度打てるようになってからの話です。

では、練習場ではどういったことに心がけたドライバーの上達方法があるのでしょうか。

ドライバーに関しては練習場でもラウンドでも同じようにティーアップしてまっすぐな環境で打つことが出来ます。

もちろん、ラウンドのほうが視野的な錯覚やプレッシャーはありますが。

ですから練習場でドライバーを打つときにもこうしたことを意識しながら、自分自身で曲がっていいレベル、どこからどこまでの間に打球を狙うということをしっかり意識しましょう

練習場からある程度こうしたプレッシャーを自分自身にかけることで本番のコースでもプレッシャーになれることが出来ます。

次の上達方法です。

とにかくイメージとしてドライバーは円を描くように大きく振りましょう。

イメージしてほしいのは小さな体でも遠心力を使って、大きくクラブを振っている女子プロです。

どうしても特に男性は力任せに振り回してしまいますがそれではいけません。

まずはゆっくりでもかまわないので自分自身のスイングを身に着ける。

そして、その際にはクラブを円形に大きく振ることを考えてください。まずはここからがスタートです。

このスイングがマスターできたなら、少しずつ力感のあるスイングをしても曲がることは少なくなると思います。

そして、ここまでいくとティーの高さ、スタンスの広さといったところを微修正しながら自分自身のスイングを身に着けていくことに移っていきます。

とにかく最初が肝心だということを意識してください。