ゴルフの鉄則!わきを締めるといいスウィングになるのは本当?

swing

ゴルフを始めた頃に、わきを締めて振り抜くスウィングを教わったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

でも、今ひとつ納得いかないまま、窮屈な思いをしてスウィングしているということはありませんか?

なぜ、ゴルフでは、わきを締めたスウィングが良いのかポイントを理解しておきましょう。

ゴルフは、クラブを背骨を軸にした回転で振り抜くことでボールを遠くに飛ばすことを可能にしています。

ここで注意したいのは、わきを締めるといった時に肘を寄せて窮屈なフォームになってしまうことがありますが、本来意味するところは、手打ちにならずにカラダの回転を利用したスウィングをすると言うことなのです。

肩に力が入るほど締めてはやり過ぎですから、二の腕がカラダに触れている感じがいいですね。

回転する動きを利用してロス無く力を伝えようとしたときに、腕は体幹の出来るだけ近くを通過するのがいいのです。

腕が伸びてわきが空いた状態でクラブを振ると安定しませんが、わきを締めてカラダの近くの軌道を使うことで、再現性の高いスウィングになるのです。

アームレスリングの選手はわきを締めて腕に力が入りやすいフォームで試合をします。

これは、力を入れる支点を近づけると、安定した動きができるということの例でもあります。

ゴルフは、足下が平たんでも傾斜でも、コースのどの位置からでも、いつも同じようにスウィング出来ることが大切です。

わきを締めたフォームで、安定したスウィングが出来るようにしたいですね。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大