ゴルフでスカッと距離を出す!こんな練習で腕の使い方が変わる!

hikyori

ゴルフでは、ヘッドを走らせると言った表現が使われます。

華奢に見える女子選手でも、トッププレイヤーは、ドライバーで250ヤード飛ばしています。

ヘッドスピードそのものが、アマチュアゴルファーと変わらないか、それ以下であっても女子プロゴルファーは、距離を出してしまうのです。

運動部に所属経験のある、腕力に自信のあるアマチュアは、力に任せて距離を稼ごうとしがちですが、ゴルフの飛距離は、ヘッドスピードばかりでなくスピン量や初速が問題になってきます。

回転が多すぎると距離が伸びず、腕力はあるのに飛ばないという悩みを持つことになります。

ゴルフでは、ヘッドを走らせる腕の使い方をマスターすることで、距離が出るようになるのです。

シャフトがビュンと音を立てるように、クラブを振り抜きます。

このとき、テイクバックとフォローで腕のローテーションがうまく出来ていると、力むことなくカラダの正面でビュンと音が鳴るはずです。

しなりをうまく利用して振っている感覚が大事ですから、ゴムホースなどしなりが感じられるものを使ってスイング練習するのもおすすめです。

カラダや腕をしなやかに使って、しなり逆らわずに音を立ててスウィング出来るように腕を使う工夫をしてみましょう。

カラダに腕が巻き付くような動きで体幹をしっかりさせて、一気に振り抜く感覚をつかみましょう。

左肘が折れていたり、わきが空いてしまうのはNGですから気をつけてくださいね。