ユーティリティーウッドの打ち方?練習方法

situation
ユーティリティーウッドは、フェアウェイウッドが苦手というゴルファーのために生まれたクラブです。

ボールが上がりやすく、ラフや傾斜でも打ちやすく、グリーンでも止まってくれて大変便利です。

現在はヘッドのタイプも、ウッド型とアイアン型(ユーティリティアイアン)から選べるようになりました。

ウッドは苦手だけれど、アイアン感覚で打てて距離が出るということで、女性ゴルファーの使用も増えています。

打ち方としては、グリップに力を入れずやわらかく握り、ボールポジションはセンターよりもやや左寄りに置きます。

次にアドレスをとる時の注意点として、無意識に体が傾いていないかどうか、確認してください。

これは、ボールを上げようと無意識にとってしまう姿勢です。

自然なアドレスでOKですよ。

そして、ボールの少し後ろにもう1個『エアゴルフボール』があるとイメージして打ちにいきます。

この『エアボール』を打つつもりでショットをすれば、ソールが勝手に走ってくれて、カンタンに打つことができますよ。

最後は、しっかりフィニッシュがとれるように振り切ってください。

また、ラフからの脱出にもユーティリティーウッドは効果的です。

高い球が出るよう、少しフェースを開いて構えて打ちましょう。

このようにユーティリティウッドは、あらゆるライで打てるクラブです。

強いていえば、つま先下がりのライが苦手で低い弾道になってしまいますので、前に樹木などの障害物がある場合は注意してください。