ゴルフドライバーのスライス対策の練習方法

golf-driver
ゴルフドライバーのスライス対策は、ほとんどのゴルファーが経験していると思います。

スライスは、ボールが右に曲がっていく現象で、アウトサイドイン(外から内側に入る軌道)の打ち方になることにより、インパクトの時にフェースが開き、ボールに当たっていることが原因のようです。

とくにゴルフドライバーはシャフトが長く、振りおくれが出やすいため、スライスが出やすい傾向にあるようです。

対策としては、まずアドレスを確認してみます。

打つ方向の確認、アドレスがアウトサイドインに振る構えになっていないかどうか、猫背になっていないかどうか、グリップがスクエアになっているかどうか…。

無意識にスライスが出るようになっていることが多いです。

また、飛ばしたいという意識を強く持ちすぎてボールを打ちにいくと、上体が突っ込んでしまい、スライスが出ます。

そこで日々の練習方法として、打ちっぱなしへ行ったら、まずは目標を決めることが大切です。

目標に向かって飛ばすことで、アドレスの方向やティの高さ、打ち出すボールの高さを工夫するようになります。

それをふまえて、構えたときは打ち出すラインに対して平行にし、ティーはヘッドが少し浮くぐらいの高めにし、練習してみましょう。

もしどんなに工夫してもスライスが出てしまう場合、クラブ自体が合っていない可能性もじゅうぶんに考えられます。

そんな時は、クラブフィッターにフィッティングしてもらい、体やスイングに合ったゴルフドライバーと出会うことも、スライス対策のひとつの方法ではないかと思います。