ゴルフアプローチの打ち方?とその練習方法

approach
アプローチショットは、スコアメイクのためにもっとも大切なショットといえます。

ある意味、ドライバーよりも大切でしょう。

上手なゴルファーとそうでないゴルファーの差は、アプローチとパターで差がつくと言っても過言ではありません。

今回は、アプローチショットの打ち方を、シンプルにご紹介しましょう。

アプローチのスイングには、おもに2種類の打ち方があります。

手首を固定してまっすぐに打つ『パット方式』と、手首を多用し、腕も使ってやわらかく打てる『手首方式』があります。

『パット方式』のアプローチの打ち方は、まさにパターと同じで、手首を固定して肩を動かし、まっすぐに打つ方法です。

このアプローチの打ち方は、初心者にも向いているので、ぜひ練習してみてください。

『手首方式』は、腕を使うことでやわらかな球が打てます。

グリーンでピタリとボールを止めたい時や、高い球を出したい時に使えますが、ライの悪い場所では失敗する可能性が高いです。

さらに、フェースを巧みに使い、球の打ち分けもできるようになりたいですよね。

フェースを置いたボールに、直角に合わせる基本のスクエアフェース、高い球を打ちたい時にはフェースを開いて飛球方向よりも少し右向きに構えるオープンフェースの2種類があります。

スイングと構え方(フェースの向き)の組み合わせで、さまざまな球が打てるようになります。

ぜひ練習場で、このアプローチの打ち方を、試してみてくださいね。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大