身長の低い人のゴルフの練習方法

男性の体重とダイエット
身長の低い人のゴルフは高い人よりデメリットが多いのかと言うとそれも一概には言えませんが、確かにスイングプレーンはフラットに寝てしまいインパクトゾーンが短くなってしまうデメリットなどはありますがコッキングやリストなどの使い方の練習方法などでゴルフをカバー出来ます。

私も身長が高い方ではないので様々なゴルフの練習方法で苦労しましたが、逆に高身長の人よりも小ワザで勝負できるのでは無いかとも感じます。

手首を多用する練習方法

小さなゴルフをメリットにさせるにはリストを多用した練習方法が効果的ではないかと思います。

コックを多めに使い各関節の反発力を最大限に引き出すためにこの練習方法は良いと考えます。

バックスイングに入り両手が腰の位置まで来た時にゴルフクラブはほぼ垂直以上手首に角度がつくほどコックするイメージでトップまで持って行きます。

鏡を使った練習方法で実際に自身のゴルフスイングを見てみましょう。

コンパクトスイングの練習方法

どうしてもゴルフを行う上で身長が低いとスイングアーク自体が小さくなりダイナミックなスイングにしにくいのですが、これは逆にコンパクトにスイングする練習方法でスイングプレーン上をアップライトにすることが出来ます。

先のゴルフの練習方法でコックを多用したスイングで十分コンパクトにスイングできていると思いますが、クラブを短く持つことでこの弱点を克服することが出来るのです。

クラブを短く持つことでゴルフがより簡単になり、ミスを軽減させてくれます。

この方法はゴルフの調子が悪くなりかけた時も効果的なのでラウンド中に調子が悪くなった時などに応急処置的にクラブを短く持つ練習方法を実践してみてください。