ドライバーでアプローチするゴルフの練習方法

oshare
通常ゴルフではアプローチはウェッジを使用して様々な練習方法で精進しますが、ゴルフ場ではドライバーでアプローチをする事も可能なのです。

プロのゴルフ業界でこのアプローチが最初に注目されたのがタイガー・ウッズだったと思います。

ヘッドのソールの形状が芝生に滑りやすいため影響を受けづらいのが特徴で、グリーン周りのカラー周辺から打つには意外にも適したゴルフの打法でありちょっとオシャレなショットとして練習方法を覚えておいても良いかも知れません。

前傾角を浅くした練習方法

ドライバーは全ゴルフクラブの中でも長くウェッジは短いためアドレスは通常の前傾角より浅くなるように構えます。

ボールの位置は体の中心が一番ラインが出やすいと考えます。

ドライバーでの練習方法で大事なのはフェース面をいかにターゲット方向に真っ直ぐに出せるかです。

そのために前傾角を浅くして真っ直ぐに打ち出す練習方法がこのゴルフでは効果的だと感じます。

線を意識した練習方法

ゴルフの練習場で練習する時はマットのラインに沿って線を意識した練習方法が有効ではないでしょうか。

スイング自体はパター感覚での練習方法に似ており、上半身の肩のターンでゴルフクラブを直線的に打ち出すスイングが肝心です。

このゴルフ打法はまさにパター感覚の練習方法になりパターの代わりにドライバーを使うからと言って、決して手首や腕を使わないようにすることが大切です。

実際のゴルフ場でドライバーでアプローチをしてピンに寄せることが出来たら一緒にラウンドしている人も驚くはずですのでゴルフに余裕が出来たら是非トライしてみてください。

そんなオシャレな技で魅了させることが出来るのもゴルフの魅力の一つです。